とりあえずテストということで、SR10&無線機をタンクバッグに突っ込んで使ってみましたがいろいろ問題が噴出。

一番大きいのはやはりPTTスイッチでした。SR10に標準で付いてくるのはまさにPush to Talkで、押している間ONになるというもの。これを運転中に使うのは至難の業です。

で、教えてもらったロック機構つきのPTTスイッチを購入。三協特殊無線のCLP-150です。

IMG_0029

SR10付属のPTT延長ケーブルを介して繋ぐのですが、コネクタ形状が違うのでいろいろ変換コネクタをかましてなんとか接続。

DSC_0366

スイッチ本体は近所のホームセンターでU字ボルト他を買ってきてハンドル左手側に固定。

DSC_0367

ケーブルはタンク下~シート下と経由してタンデムシート下まで持って行きました。タンデムシート下にSR10が収まれば完璧なんですが、さすがにそこまでスペースが無いので、無線機を使う時はシートバッグ必須になりそうです。

続く。

2016年4月追記

変換コネクタ関係でご質問をいただいたので追記しました。

DSC_2480
写真右からCLP-150 ~ RCA中継コネクタオス-オス ~ RCAメス-3.5mmオスモノラル変換プラグ ~ 3.5mmメス-2.5mmオス変換プラグ ~ SR10PTTケーブル

DSC_2481
変換プラグ部分

多分もっとスマートな方法はあると思うのですが、近所のホームセーターの品揃えで選んだらこんな感じになりました。CLP-150のRCAメスからSR10PTTケーブルの2.5mmモノラルに変換さえ出来てしまえばいいんですけどね。

参考になれば幸いです。

3 コメント

  1. t-yodaさんはじめまして。
    KTEL CLP150とSENA SR10で検索していてこのページに辿り着きました。 参考になります。m(__)m
    もしよければ教えていただきたいのですが、SR10付属PTT延長コードとCLP150はどのような変換プラグを用いて接続されたのでしょうか?
    ご教授いただけると幸いです。

    Matsuda

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください